一楽二萩三唐津やからつものと言われる「唐津焼」。千利休も愛用した唐津焼の、素朴な土の味わいや手触り。種類や特徴など使って育つやきものの唐津焼の魅力や楽しみ方を紹介していきます!
現在「唐津焼(からつやき)」と呼ばれるやきものは、
諸説ありますが、
室町時代ごろに、朝鮮半島から渡来したひとびとが
岸岳のふもと(現在の佐賀県唐津市北波多)で
作り始めたと言われています。

一部は「侘び茶」の世界で珍重され、
非常に高価な値段で取引されています。

有名な千利休も「子のこ餅(ねのこもち)」と言われる、
唐津焼を茶道具としてもっていました。

また、
豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に
朝鮮半島からやきものの職人たちを日本に連れてきたことによって、
圧倒的な生産量を実現。

「からつ」「からつもの」という呼び名が、
西日本のやきものの代名詞になります。

ほとんどの唐津焼は
庶民のやきものとして使われてきたものばかり。

最近のやきものは、
普段の生活とは無縁なイメージかもしれません。

室町時代ごろまでさかのぼって見てみると、
普段の生活と共にある。

陶器ならではの土の味わい。
自由でのびやか。
温かみあるやきものです。
IMG_4125