佐賀県唐津市で毎年11月2,3,4日に行われる「唐津くんち」。3日間のお祭りのスケジュールと14台の曳山の巡行ルート&おすすめの見どころを紹介!有名な見どころから少しマニアックな見どころまで!
現在、毎年11月2日、3日、4日に行われる、
「唐津くんち」について書いていきます!

唐津くんち

唐津くんちとは、佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭のことで、
現在は毎年、11月の2,3,4日の3日間で行われます。

くんちは「供日」とも書かれることがあり、
五穀豊穣に感謝する意味も持っています。

漆と和紙で作られた14台の曳山が、体に響くお囃子と、
「エンヤ―」のかけ声とともに唐津の市街地を巡行します。
※4番曳山の「九郎判官源義経の兜」と
14番曳山の「七宝丸」の掛け声は「ヨイサー」です!

お囃子は、太鼓と締太鼓(小さい太鼓)と
鉦(かね)・笛の三種類の楽器で、奏でられます。
太鼓と鉦は各1人、笛は曳山のサイズによって10人前後。
お囃子の担当の人を「囃子方(はやしかた)」と呼びます。

曳子(ひきこ)とよばれる、曳山を引く人たちは、
曳山の前方に出た綱に、少ない町内でも約100人、
多い町では約400人にもなります。

「唐津くんちの曳山行事」は国の重要無形民俗文化財に指定、
平成27年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されました。

毎年3日間で、延べ50万人もの観光客が訪れる、
佐賀県内でも、とても大きなイベントとなっています。

写真は4日の町廻りで、
14台がお昼に並んでいる様子です!
もうラストスパート、盛り上がってます!
IMG_1811



11月2日「宵山(よいやま)」

3日間の唐津くんちの初日、11月2日は「宵山」と言われます。
2日早朝から夕方にかけて、曳山たちは
1年間保管されている曳山展示場から外に出て、それぞれの町へ帰ります。
※2日の早朝(朝5時前後)に数台の山が出ます
(これを朝曳山と言って、曳山好きの楽しみの一つです)

夜7時半に刀町の赤獅子が大手口前を出発し、各町をめぐる中で、
各曳山は赤獅子の後ろに自分の町付近で合流。
順番通りに並びながら14ヶ町をまわり、
唐津神社の前に整列をします。


ルートはこんな感じで
Aの大手口前を出発しBの船宮の急カーブを曲がると、
Cのふるさと会館アルピノのカーブに向かい、Dの米屋町の直線へ。

ぐるっと時計回りに新町を回って、
Eの大手口バスセンター前を曲がります。
その後、坊主町の交差点を右に曲がり、
Fにむかい、江川町を通ります。
朝日町をまっすぐと進み、バスセンターの手前で、
Gの唐津神社側へ、神社参道を進んで、
唐津市民会館の前へ14台の曳山が集結。
1日目宵山は幕を閉じます。

<見どころ!!>

宵山の見どころは、
まずは、7時過ぎに中町の通りで行われる点灯式!
青獅子の笛が始まり、最初の「ドン!」という太鼓の音と同時に、
中町の通り全体にかけられた大量の提灯が一斉につきます!!
見るしかない。

次に、
Bの船宮のヘアピンカーブ(宮島カーブ)!
勢い良く曲がる曳山の迫力がすごいです!
カーブの先端で見るか、曲がった直後のところで見るか。
どちらも面白いこと間違いなし!
※この船宮カーブでは、14台すべての曳山がそろっています

3つ目は、アルピノのカーブ!
Cのアルピノの通りに出るための道は少し山なり。
少しずつ曳山の頭が見えてきて、
キター!と思っていると、次は少し下り坂。
勢いよくカーブに差し掛かります!
そしてアルピノ前の通りを勢いよく走り抜けます!

最後の見どころは、
唐津神社の参道!
出店とたくさんの観光客の方が見ていて、大賑わい!


この「宵山」
夜に行われるため、曳山には提灯がつけられます。
夜の唐津の町に曳山の提灯が温かく光り、
とても幻想的。

美しい曳山がより美しく輝きます。
曳山の美しさを楽しむには「宵山」は外せません!!
IMG_4200


11月3日「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」

唐津くんち2日目は「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」
この日は14台の曳山だけではありません!
西の浜の御旅所で神幸祭と言われる、神社の祭礼を行うべく、
一ノ宮と二ノ宮のお神輿と、大石大神社のお神輿。
3台のお神輿が14台の曳山の間を巡行します。

この日は、14台の曳山はお神輿のお供として、
西の浜までお神輿を守り、祭礼の場、御旅所まで送ります。
IMG_41606

朝9時に上がる火矢をきっかけに、
宵山の最後に集結した、唐津市民会館前を、
14台の曳山が順番に出発します。



Aの唐津市民会館前を出発した曳山。
朝一の曳子、お囃子、曳山みんな元気いっぱい!
勢いよくBの大手口バスセンター前の3段階のカーブを曲がって、
北坊主町の西の浜へ!!

Cの船宮の急カーブを経て、
アルピノ前を勢い良く曲がって、米屋町の直線。
ぐるっと時計回りに平野町→新町→刀町と通過します。
※基本の巡行路は3日間とも大体同じです

そして大手口バスセンター前を曲がって、
唐津市役所前を通過、坊主町交差点を右に曲がります。

2日の宵山では、
この後江川町の方にむかって左に曲がりますが、
3日御旅所神幸の目的地は西の浜。
そのまま真っすぐ北坊主町へ。西の浜を目指します。

そして、まっすぐ行った先の北坊主町交差点で、
刀町の赤獅子がストップ。
この、坊主町の直線に14台すべての曳山が整列します!!
IMG_1776

お神輿が御旅所に入られて、
準備が整うと、赤獅子が出発!
14台の曳山が御旅所の周りに整列します。

これは「曳き込み」と呼ばれ、
フカフカの土に曳山が車輪を食い込ませながら、
曳子が一生懸命に引っ張ります。

御旅所にむかって、
御旅所左側に、左から1番曳山「赤獅子」から7番曳山「飛龍」
御旅所右側に、右から8番曳山「金獅子」から14番曳山「七宝丸」
の並びでおうぎ形に整列します。

引き込み終了後、
お昼休みに入って、昼過ぎに次は「曳き出し」。
15時に火矢があがって、14台の曳山が順番に御旅所を出発。
お神輿をお守りしながら、再び唐津の町へ繰り出します。

坊主町の直線を進み、
Fを江川町方面へ進みます。

この後、
江川町の「七宝丸」は江川町にある曳山の倉庫へ帰ります。
他の曳山も、
Gの大手口バスセンター前あたりまで進んだ後、
それぞれ分かれて進み、各町内へ帰っていきます。

唐津くんち2日目「御旅所神幸」を終えた曳山は、
町へ帰り、次の日の朝まで生まれた町で過ごします。
IMG_4243
江川町の曳山倉庫へ帰ってきた14番曳山「七宝丸」

<見どころ!!>

唐津くんち2日目「御旅所神幸」の見どころは、

まずは何と言っても圧巻の迫力「曳き込み」!!
曳子が一生懸命に力を合わせて曳山を引く姿、
勢いよく土に飛び込んでいく曳山。

曳山は大きく前後に揺れながら、
御旅所の土のなかを進みます!

曳き込みのスタイルも、
エンヤーの掛け声に合わせてじっくりと曳く、
一息に猛スピードで曳き込む、
などなど色々な個性があります!!

力のみなぎる曳子と曳山の姿から、
勇気と元気と感動を!!
頂けること間違いなしです!


2つ目は、
坊主町の直線に14台が整列するタイミング!
唐津くんちの巡行路で、
ここまでまっすぐ縦に14台がそろう場所はありません!

太鼓・笛、鉦(かね)の音が混ざり合い、
とてもいい感じです!

直線なので14台の曳山を一望!インスタ映え!

北坊主町交差点付近には
チリンチリンアイスが!


3つ目は、
唐津市民会館前を出発する刀町の赤獅子!
普段の巡行で奏でられるお囃子は「せり囃子(せり曳山囃子)」というお囃子。
ですが、
3日の御旅所神幸の赤獅子は、
唐津神社参道の間には「道囃子(みちばやし)」と言われる、
雅楽調の静かで美しいお囃子を奏で、ゆっくりと進みます。

そして、参道の終わり、大手口バスセンターの横。
ここで、道囃子が終わり「ドン!」の太鼓の音と共に、
せり囃子に切り替わります。

それまでは静かに曳いていた曳子たちは、
一気に盛り上がり「エンヤ―」の大きな掛け声が響きます!
※11月3日の御旅所神幸で、刀町の赤獅子は
角の後ろに「御幣(ごへい)」と言われるものを、
曳山行事の無事を願って立てられ、唐津の町を払い清めながら進みます。


11月4日「町廻り(まちまわり)」

唐津くんち3日目は「町廻り」
前日の御旅所神幸で各町に帰っていった曳山は、
4日の午前9時ごろに、
ぞくぞくと唐津市民会館前(唐津神社前)にやってきます。

すべての曳山がそろい、午前10時。
1番曳山の「赤獅子」が出発。
4日「町廻り」がスタートします。

まず、Aの唐津市民会館前を出発した14台の曳山は、
Bの船宮の急カーブ(宮島カーブ)へ。

勢いよく曲がった曳山は、
大石町の通りを抜け、魚屋町と京町の間に流れる町田川へ、
札の辻橋を渡って、Cのアルピノのカーブにむかいます。

その後、
中町のまっすぐ道から米屋町の直線まで出ます。
4日町廻りはこの米屋町の直線のEが14台勢ぞろいポイント!!
米屋町を勢いよく走り抜けた曳山は、
地図で見て右側の歩道に整列します!

12時半ごろに整列して、お昼休憩に。
IMG_1811

お昼休憩後、14時半に米屋町を出発します。

米屋町を出発したあとは、
時計回りに新町→刀町、大手口前を曲がって、
Eの坊主町交差点を右折します。

Fの江川町に到着後、
45分ほどの長めの休憩に入ります。

休憩後は、夕日も照ってくる時間帯。
いよいよ、ほんとのほんとのクライマックスです!!

江川町を出発し、
夕日に照らされた曳山と曳子は、
大きな「エンヤ―」の掛け声とともに徐々に曳山展示場に近づきます。

Gの大手口バスセンターの手前を曲がって、
唐津神社参道を向いたころには、
曳子や囃子方には目に涙を浮かべる人も...。
IMG_1817

くんちがもう終わってしまうという寂しさも感じながら、
唐津くんち最大の盛り上がりを見せます!!

曳山展示場に曳山が入り、展示場の扉が閉まります。
お囃子がやむと、もう唐津の町は薄暗く。

14台の曳山は、
しばらくの休息に...。

3日間の唐津くんちは幕を閉じます。


<見どころ!>

4日の「町廻り」最大の見どころは、
何と言ってもクライマックスの曳山展示場!!

目に涙を浮かべながら、
最高の笑顔を見せながら、
曳子の「エンヤ―」の掛け声とお囃子、
観客の方の盛り上がりは圧巻です!!

ちなみに地図のHの場所は、
1~3番曳山の「赤獅子」「青獅子」「亀と浦島太郎」
12~14番曳山の「珠取獅子」「鯱」「七宝丸」が格納されます!

4~11番曳山は、
I側に格納されます!ご注意ください。


続いて2つ目は、
鯱と七宝丸の入れ替わりです!
4日の巡行で「なんで?」と思われる人もいらっしゃるかと思いますが、
曳山の順番は鯱→七宝丸の順ですが、
製作年がほぼ同時期。
その関係で、4日の町廻りの日には順番が入れ替わります!

市民会館前を出発する際に入れ替わった鯱と七宝丸は、
最後クライマックスの唐津市役所前で、再び元のならびに戻ります。
その時の両町の掛け合いは見どころ!!おすすめです。

3つ目は、米屋町の直線!
勢いよく駆け抜ける曳山の迫力は見るしかないです!
そして、
そのままお昼休憩の時は、
14台勢ぞろいした曳山を撮影出来ちゃいます!


~通なポイント!!~

唐津くんちのシーズンには、
唐津駅などの各施設と、電柱などに巡行ルートと、
14台の曳山が載ったチラシがあります!
結構重要アイテムだと思います!

そして、
今まで説明した見どころ!!という感じのポイントとは別の、
通な楽しみ方は、
大石町・新町・江川町!!
ここです。

なぜかというと、
ここの3つの町は、道路が狭い。
ということは、曳山がちょー目の前を通ります!
見上げながら楽しむ曳山はここで!


もう一つは、
巡行中の休憩に!

お昼休憩とは別の
定期的な、巡行途中の休憩では、
いつもと違うお囃子が聞けるかもしれません!

普段の巡行中のお囃子は「せり囃子(せりばやし)」。
休憩中は「たて曳山囃子」と言われるお囃子や、
京町の珠取獅子や水主町(かこまち)の鯱の、
「ノーエ節」というお囃子を聞けるかも!
休憩のお囃子にも耳を傾けてみてください!!



ということで、
唐津くんち3日間の巡行&見どころでした!

最後までお読みいただき、
ありがとうございました‼